2015
07/10

Category:
情報集

COMMENTS:
Comments Closed

総量規制対象外は銀行だけの特権ではない?

総量規制対象外は、銀行のキャッシングだけではありません。
広く知られているのは、消費者金融は総量規制の対象で、銀行は総量規制対象外という認識でしょう。
ところが必ずしもそうではないのです。
総量規制の例外の条件には、「利用者だけが有利になる借り入れ」という旨の記載があります。
どのような金融商品にあてはまるのでしょうか。


おまとめローンはどこでも総量規制対象外

最近銀行だけでなく消費者金融でも取り扱いが盛んになっているおまとめローンは、実は総量規制対象外です。
おまとめローンは金利が低い、借り入れを1つにして負担を減らすことができる、などの特徴から利用者だけが有利になる借り入れに当てはまっています。
一方でキャッシング会社側にとっても、まとまった金額を借り入れして返済を続けてくれる利用者は嬉しい存在です。
ある意味win-winの関係になっていることから、消費者金融でも取り扱いが多くなったのでしょう。


もちろん銀行のほうが条件は良い

通常のキャッシングやカードローン、そしておまとめローンでも銀行のほうが条件は良いです。
ただし、おまとめローンは通常のキャッシングよりも高額の借り入れになるため、審査の通過率があまり高くありません。
もっとも理想的なのは銀行のおまとめローンを利用できることですが、おまとめローンに申し込みをするならば実績や信用はある程度必要です。
出来る限り返済をしておくなど、事前に借金の整理をしておきましょう。

〈参考サイト〉
総量規制対象外のキャッシング…総量規制の対象外、低金利、審査が早い等のキャッシングを比較できるサイト

Comments are closed.